昨日はお昼からなんとなく餃子が食べたいな〜と思っていて、そういえば冷蔵庫に白菜とキャベツが余ってた!!と気がついたので夜は餃子を作ろうと決め、帰りにスーパーでひき肉と皮とニラを買い帰宅。

そしてなんとなく実家に電話。

最近の兄の仕事の事、母の近所の人たちとの面白話、父の健康状態、私の近況、そんなたわいもない話をした。
そして必ず私の将来を心配してくれる両親。

電話を切り、餃子をもくもくと作る。
作りながら父母の話、自分の気持ち、どんな人生を送りたいのか、それに向かってちゃんとやれているのか、そんな事を考えた。

餃子完成!!

image

すごく大量に作ってしまった…笑。

image

焼いて晩ご飯。

この写真を母にメールで送ると

「昔あなたが小さい時に餃子たくさん作ったことを思い出しました。餃子焼いてテーブルに並べ、もう一回焼いて振り返るともうお皿が空で何度も何度も焼いて楽しかった。子育てをしながら一緒に成長してきたように思います。」

こんな返事が来た。

私も覚えている。
楽しかった思い出。

今になると両親のありがたさを痛感します。

特に同性だから母の凄さには頭が下がります。

辛かっただろう事、楽しかっただろう事、幸せを感じただろう事、悔しかっただろう事、なんだかいろいろ想像できるようになりました。

時代は違えど、結婚して、子供を産んで、お金のやり繰りをしながら子育てをし、毎日ご飯を作り、洗濯掃除の家事の毎日をこなし、母親というのはそういう存在なのだなと。

若い頃は母と意見が対立して喧嘩したりしてたけど、今は憧れの存在です。
本当に凄い人だと思う。
私もあんなふうになりたいけど、なれるかな…自信はないけど、そんな母を誇りに思います。

私ももういい歳で子供を産むにはあとわずかな期間しかないし、この時代、この日本でこれからの子供達に幸せな環境を提供してあげられるかかなり厳しい気もするし…揺れ動く気持ちの中、後悔しない自分の選択をきちんとできるようにしたいと思いました。

もくもくと餃子を作るのは心を落ち着かせて、いろいろ考えられるからオススメですよ!!笑


★12/22(月)@アザブノケムリ
"アザブデクリスマス"
◆JabBee & ladyeria
◆hiroco:mode&佐野篤
Open 19:00
1st.20:00/2nd21:00
■music charge¥0 (ブラボーチャージ/投げ銭)
※Table charge\500+2order(1drink&1food)

アザブノケムリ
http://s.tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13042485/